FC2ブログ

お待たせしました「ワクチンパスポート」シールをおでこに貼ってドヤ顔で出かけましょう!

「ワクチンパスポート」という言葉が
今、世界中を飛び交っています

「ワクチンパスポート」は新型コロナウイルスの
ワクチンを接種したことを証明します


ワクチンパスポート写真
IATA (国際航空運送協会) のTravel Passアプリは
旅行者がCOVID-19の検査結果やワクチン接種の証明書を
保存できるワクチン・パスポートです


それは、待ちに待ったフリーパスポートです
歩くひとが少ない繁華街に行っても、あのイヤな職質にあいません

思い出すのは東京勤務時、毎晩の様に
小岩の駅前で赤色灯に迎えられ

「どちらにかえられますか?」「あちらで~す」と
同じ時間、同じ新人警官に質問されていました

それがですよ!このパスポートさえあれば全てOK
これは寂しがり屋、単身赴任者の強い味方です
なんと!素晴らしいことでしょうか?

一刻も早く我々老人が入手し
「ワクチンパスポート」を小形にした

張替え自由なシールをおでこに貼って
久しぶりのドヤ顔でこの世の中を
自由にカッポしようではありませんか!

もう我慢しなくてもよいのです
私なんか入手できたら‥ もう~ 「ほおずり」

海外では発行の動きが広がっています
海外に行くとき、パスポートだけでなく
「ワクチンパスポート」も必要になる時代が直ぐに来るでしょう

日本ではどの様に対応するのでしょうか?
感染対策と社会経済活動の両立に
効果があることがわかっています

ワクチン接種が一番早く進んでいるイスラエルで
「グリーン・パス」と呼ばれるワクチン接種証明書が
すでに発行されています

これで、レストラン、映画館、野球場・・・
あらゆる施設への入場が可能です

もちろん夜の歓楽街もOK
結果的に経済を回すのに一番都合がよい

もちろん、日本特有の「GO TO キャンペーン」もOK
息子に聞くと、アフリカや南米の熱帯地域の国では
「イエローカード」とよばれる予防接種証明書がないと
入国や飛行機の乗り継ぎができないそうです

私も早く取得できるのなら少々高くても、順番待ちをしてでも
一刻も早く手に入れたいものですね

また、「ワクチンパスポート」に関する著名運動等があれば
是非参加したいものです

でも、日本におけるワクチン接種率が
世界水準から大きく立ち遅れており
4月7日時点で、わずか1%以下です

この状況では「ワクチンパスポート」の有無を
議論する事態、残念ながら時期尚早です

こんなに無能力な、なにもしない
なにもできない政府に成り下がったのかと
情けなすぎる事に多くの人が気付くべきです

988F0308-3421-41D7-BDEF-A5547873BF31.jpeg

原因は菅政権「コロナ失策」の衝撃以外に何もなく
しっかりした政策を建ててさえいれば

こんなにも立ち遅れずに、こんなにも多くの死者を出さずに
国家安定が図れたのでは?と思うのは
私だけではないと思います


これから先も、この改善策のひとつも
生み出せない政権に導かれて行くのかは
私たち有権者の判断に委ねられています

安倍政権 から続く強権的な官邸主導の下
自由闊達 (かったつ) な議論が失われたと
省庁幹部の多くが口をそろえています

菅首相が推進する ふるさと納税 をめぐっては
制度の拡充に反対した総務官僚が左遷された

安倍前首相妻の関与が疑われた
森友学園問題では財務省が決裁文書を改ざんし
自殺者が出ました

財務省幹部以外の職員たちはどの様に振る舞い
どの様な考えを持っているのでしょうか?

この人たちに私たちの大切な生活を任せられる
公務員としての資格があるとは私には思えません

昨今の国会中継をみていると
専門知識に基づく意見も言えず

良心にもとる行動を強いられる
そんな状態が続けば、士気が低下するのは当然でしょう

若手官僚たちの退職増加傾向は
ゆがんだ政治主導への紛れもない警鐘です

菅首相をはじめとする政権幹部たちは
真摯に肝に銘じなければならないと想います

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OB集いの会

Author:OB集いの会
国民が安心できる政治を行なって欲しい
武漢で新型コロナウイルスが巻き起こり数々の悲劇を目の当たりにするまでは
「パンデミック」って、米国映画や推理小説のなかだけの話だと思っていました
目に見えない脅威は数多くの都市を封鎖に追い込み
多くの人が自宅にこもって、いつなるかわからない終息の日を待っています
当初は東アジアだけだった新型コロナウイルスの感染の波は、瞬く間に世界中に広がった
人類はこれまでに何度も感染症の流行を経験してきたが、なぜ拡大を防ぐことができないのか
SARSやエボラ出血熱など過去の事例を鑑みると、戦争をしている場合ではなく政治の力で世界中の人がこの流行を真剣に考えて欲しい

最新記事

訪問者数